読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひんまがり恋活

楽しい時間を過ごしたいだけ

ペアーズで会ってみた①据え膳男<後編>

しかしまぁタイトルのネタバレ感が半端ないな。

前回の続きを。

 

こちらを読んでから当記事を読み進めて下さいまし。

merikoppe.hatenablog.com

 

いやはや、まさかペアーズでこんな男性と出会えると思っていなかった私。

のこのこと窪塚の誘いにのり家まで向かったとさ。

 

前回始めて窪塚と会った時に、ピース又吉の火花(NETFLIXの連続ドラマのほう)を勧められたんでそれをネタに色々話した。

www.hibana-netflix.jp

 

ぶっちゃけ火花そんなに興味なかったけど、窪塚さんと同じものを見たいという思いで徹夜で一気に見たんですよ。なんて言えなかったけど。

 

窪塚は相当泣いたって言ってたけど、私は特に泣くまで感動はしなかった。面白いとは思ったけどね。

 

というのを窪塚に伝えると、「サイコパスかよ」だと。

 

ちょっと脱線しました。元の地点に戻ります。

 

そうそう、窪塚宅についてある程度たわい無い会話をした後

私が犯した失態。それは

 

家で二人でいるにも関わらず

 

 

 

 

 

言葉が出てこない。

これといった、話題が全く出てこない。

そう。あまりに緊張しすぎて初恋さながら、一言も言葉が出なくなった。終始無言。

 

ずーっと横か下を向いていた気がする。

窪塚はずっとこっちを見ていた。

 

見るな余計緊張するから見るな。

 

これはいつどうなってもおかしくない展開。

なのに窪塚はそういう夜っぽい雰囲気を一切醸し出さない。

突然サングラスをかけだして笑いを取ろうとしてきたり、額縁の写真を持ってきて見せてくれたり、DIYが趣味で家にある家具はほとんど自分で作ったらしく、作った過程を教えてくれた。

 

この一時で、窪塚のこういうプラトニックなところをものすごく好きになってしまった。

 

ここで手を出されていたら多分こういう恋心みたいなものは消えて、逆にサクッと忘れられたかもしれない。

 

思い出すことも無く、ここにも書かなかったかもしれない。

 

私、今までちゃんとお付き合いした男性は5人ほどいるのですが(ワンナイトは除き)全て身体の関係が先だったんですよ。

 

だからものすごく自分的にはクリーンな初体験で。

 

結局窪塚は私に指一本も触れず、私がそろそろ終電だから・・・と言うとすんなり車で駅まで送ってくれました。

 

据え膳食わねぇのかよ!!!!!

そして私も終電で帰るのかよ!

 

いや、窪塚の翌日の予定とか聞いてなかったし終電のがしたら迷惑かなと思ったからさ‥明日の予定は?とすら聞くの恥ずかしかったんだよ!

 

あー今思えば終電逃せば良かったかもしれない。

でもあの時はとにかく言葉が出て来なかった。

恥ずかしすぎて早くこの場を逃れたいとさえ思っていた。

 

 

その後は連絡取れなくなりました。

たぶん面白くない女だなと思われた。綺麗に終わった。

何度か私から連絡をしましたが、ブロックされたっぽいです。

 

これ、本当に気になる女性にだけやってほしい事よ。お兄さん。

こんなことになるくらいならなー1回会った時点でブロックしてくれやこの据え膳男!もしくは1回抱いて捨ててくれ!

 

ほぼ初対面の女性を夜のいい時間帯に家に招くシチュエーションって、男性の誘導でほぼ100%に近い割合でワンナイトになると思うんですよ。

ワンナイトにならなくとも、セックスはしますよね。

 

だがしかし想定外のことが起こった。

なんかこの人、私のことちょっと特別だと思ってる?

もしくはワンナイトの価値すらないと思ってる?

 

気になっている男性だからこそ色んなことを考える訳です。

 

窪塚はそれを分かっていたのかも。分かってやっていたんだとしたら相当の強者だと思う。

 

かなりモテそうなのに、何故あの人がペアーズにいたのか分からない。幻だったんじゃないかとさえ思う。

 

この事件での反省点。

自分を良く見せようと試行錯誤したのがいけなかった。

ただ、普段あまり人見知りもしない私が何故あそこまで言葉につまったのかは分からない。何か憑いていたのかも?渋谷で変なものに取り憑かれた?

 

いやそんな訳ない。自分自身の問題だ。

 

そのままの私で接することができたら、もしかしたら今も連絡を取り続けていたかもしれない。

 

もっと頑張れば良かったとかそういう事じゃない、たとえ私の話が面白くなかったとしても変な女だと思われたとしても、どんどん彼にアウトプットすれば良かった。私の好きな物を伝えたかった。

 

この記事においては所々フェイクを織り交ぜて書いているけど(窪塚に迷惑のかからない程度に)、多分窪塚が読んだらバレると思う。

 

 

今頃いい人と巡り合って幸せになってるかも。

窪塚さん、私が今まで感じた事のないときめきをありがとう。