エマニエリスト

個人的な恋愛観をつらつら書きなぐるブログ

意図せずセフレが出来てしまった②

相手の空気を読みつつ適度に会話をするのが我々キャバ嬢の仕事だ。

喋りすぎず黙りすぎず、リラックスしながら家でお酒を交わしているような心地よい空気を演出できるのが自分の強みだと思っている。

 

だがそれはパフォーマンス。

次も来店して貰えるよう、内心必死。

 

酒飲みながら会話するだけでしょ?楽じゃん。

 

なんて言われることもあるけど少なくとも私は楽しいとは思うことはあっても、「楽だ」と思った事は一度も無い。喋るのが好きな人は楽だと思うのかもしれない。

 

化けの皮をはがせば、ただの口数が少ない人見知りの女。基本的に人と話すのは苦手だし自分をさらけ出すのも怖い。

 

それ故、恋愛経験も乏しい。

好きな人が出来ても自分をさらけ出せず中身のない女だと思われ、いい感じになる前に終わる。自分から好きになる恋は上手くいかず、相手から来る恋はわりかし上手くいく。

 

押されてとりあえず付き合ったら、知らず知らずのうちに自分の方が相手を好きになっている。

 

そんな流され恋愛が多い。

 

今の彼氏もそんな感じで付き合い始め、かれこれもうすぐ四年になる。四年ともなれば互いのことはだいたい分かってるし一緒にいても苦ではない。

 

仕事で時間もあまりなければ、休みができても疲れて1日中寝ている彼に少しフラストレーションを感じていた。我慢できないほどではないんだけどなんとなく、物足りないなという感じで。

 

それを指摘したところで彼の負担になるだけなのは分かっているし逆の立場になって考えてみたらたまったもんじゃない。

 

そんな結果の見えないことでいちいち考え込んでいても何の生産性も無いのですぐ忘れるようにしていた。なので少々不満はあっても別に苦ではなくむしろ楽しいことの方が多かった。

 

 

だがある日を境に少し状況が変わった。