エマニエリスト

個人的な恋愛観をつらつら書きなぐるブログ

意図せずセフレが出来てしまった⑦

事を終えて、私は不思議と罪悪感が無かった。

割り切りの関係であって気持ちは入らないと思っていたから。

 

疲れ果てて眠る西野さんの横顔をずっと見ていた。

 

時刻にして丑三つ時。西野さんは朝5時から仕事だという。

本当にタフな人。

 

真実かどうかは定かじゃないが、西野さんは嘘をつかない。

多分本当に数時間後には仕事だ。

 

「はっ!俺とした事が。少し寝てしまった。」

 

「いいよ、疲れてんでしょ。少し寝なよ。」

 

少し休んで1時間後、ホテルを出た。

 

家路に向かっている途中

 

「今日はこのへんでもいい?この道からいく方が帰りやすいから。」

 

「大丈夫だよ、じゃあね。」

 

なんとなく、今日でもう終わりかなという気がした。

もう西野さんは目的を果たしたであろうから。

 

家につき私も眠りにつく。

取り返しがつかなくなるような予感がした。

西野さんではなく私が。

あらぬ感情が湧き上がりそうで怖かった。